中古マンションの不動産売買なら

賃貸の方はこちらから
リノベーションNO.1 顧客満足度NO.1
  • 営業時間:9:30~19:00
  • 定休日:水曜日
0120-888-267

スタッフブログ

知っているだけでお得!マンション購入に関する税金の話2017/02/19

不動産を購入する際、不動産取得税・登録免許税・印紙税など様々な税金が掛りますが、

税金を安くお得に済ませられる事をご存じですか??

建築後20年超の中古住宅でも軽減税率が適用される場合がある!?

築後20年(耐火住宅は25年)以内の物件はある(※1)一定の条件を満たせば軽減税率を適用することが出来ます。

築後20年(耐火住宅は25年)超の物件には原則として軽減税率が適用されません。

しかし、築後20年(耐火住宅は25年)を超えていても、建築士、指定確認検査機関、または登録住宅性能評価機関に依頼し、耐震診断を受けて、新耐震基準を満たすことの証明書を取得出来れば軽減税率の適用が可能です!!

もちろん、当社ではこちらの証明書を発行しています!!

さらに、新耐震基準を満たしているという事が証明出来れば住宅ローン控除にも適用が可能です!

では、どのくらいお得になるのでしょうか!

次の例をみてみましょう。

物件詳細

・物件価格 1,000万円・昭和61年築(築後31年)・専有面積 59.85㎥

本来26万円の登録免許税が軽減税率を適用すると→16万円になります!

そして住宅ローン控除では10年間で10万円弱が返ってきます。(借入額の1%)

※借入金額及び固定資産税の価格により変動します。

尚、登録免許税の税率等詳細はこちらをご参照ください。

いかがでしたか?知っているだけでこれだけ得することが有ります。

当社では「最上の提案を皆様に」をモットーに

不動産に関する税金や登記等は当社の税理士・司法書士・設計士等の各分野の専門家が分野ごとに最上の提案をさせて頂きます。

詳しくは当社HPをご参照下さい。

※1 一定の条件とは

■新築住宅

・平成29年3月31日までに新築または取得した個人の住宅用家屋であること

・床面積が50㎥以上であること

・新築または取得から1年以内に登記すること

■中古住宅

・平成29年3月31日までに取得した個人の住宅用家屋であること

・建築後20年(耐火住宅は25年)以内の中古住宅であること

・床面積が50㎥以上であること

・取得から1年以内に登記すること

Fudousan Plugin Ver.1.7.9