中古マンションの不動産売買なら

賃貸の方はこちらから
リノベーションNO.1 顧客満足度NO.1
  • 営業時間:9:30~19:00
  • 定休日:水曜日
0120-888-267

スタッフブログ

大規模マンション・小規模マンション何がちがうの?2018/04/20

マンションは、総戸数や階数など、「規模」によって住み心地が違う。

立地や共用施設、間取りなどの希望の条件に合うのはどんなタイプのマンションか見てみよう。

■3つのポイントで暮らし心地は大きく変わる

マンションは総戸数によって、立地、共用施設、住戸に違いがある。タイプ別の特徴を知って、暮らしに合うマンションを選ぼう。

POINT1

立地の違い

都心までの交通アクセスや駅からの距離などが違う。通勤重視の人は要チェック!

 

POINT2

共用施設の違い

所有者が使える共用施設や管理、サービスが充実していると、生活利便性がアップする。

POINT3

住戸の違い

規模や総回数によって間取りの特徴も違う。条件に合う住戸が見つけやすいのはどれでしょうか。

 

●立地条件や探し方はどう違う??

大規模

物件数が限られる為、希望エリア外もチェック!

大規模マンションは1物件当たりの総戸数は多い。しかし、大きな敷地を要する為物件数は少ない。

希望エリアで見つからない場合はエリアを広げて探してみよう。

小規模

物件数が多いので希望エリア内で探しやすい

小規模マンションは、大規模物件に比べて供給数が多く、供給エリアも都心から郊外まで広範囲にわたっている。その為、希望エリアで探しやすいのがメリットだ。

 

●施設や管理はどう違う?

大規模

多彩な共用施設が魅力で24時間管理の物件も多い

大規模の中でも特に、総戸数が数百規模の物件は、そのスケールメリットを生かして多彩な共用施設を設置しているケースが多い。24時間有人管理など、管理やセキュリティ面も充実。

小規模

施設は生活密着型が中心。管理は日勤か巡廻が主流

管理費などのランニングコストを抑える為、日常生活に最低限必要な共用施設に絞る事が多い、管理員は日勤または週3~4回の巡廻型の管理体制をとる物件が主流。

 

●間取りや日当たりはどう違う?

大規模

敷地にゆとりがあるため、見晴らしのよい住戸が多い

大規模マンションは、建物のバルコニー側に公園や中庭など広いオープンスペースを設ける物件が多い。このため、低層階でもリビングからの視界が広く、解放感のある住戸を探しやすい。

 

小規模

立地によって眺望や解放感が異なる

低層タイプでも、周りの建物との間隔があいていて解放感のある物件もある。一方、中・高層タイプでもバルコニー側にビルが建っている事もあるので、事前に眺望を確認しておこう。

 

Fudousan Plugin Ver.1.7.9