中古マンションの不動産売買なら

賃貸の方はこちらから
リノベーションNO.1 顧客満足度NO.1
  • 営業時間:9:30~19:00
  • 定休日:水曜日
0120-888-267

スタッフブログ

片付けがこれほど大切と言われる理由2018/05/13

昨今、「必要最低限のモノで暮らす」ミニマリストという言葉を聞く機会が増えたと感じる人も多いはずです。

確かに、物をミニマルにすると、生活におけるさまざまな無駄をそぎ落とす事が可能です。空間の風景がミニマルになればやりたいこと・やるべきことに集中しやすくなりますし、余計なモノに意識を持っていかれる事もなくなります。

でも片付けは、ただモノを減らしたり、捨てたりすればいいわけではありません。生活にとって必要なモノもあります。そして人生にとって絶対に必要なモノもあります。

モノを完全に捨て切り、ゼロにすることは不可能です。片付けとは「自分にとって必要なモノを見極める方法」つまり「手段」なのです。片付ける為に多くの時間のを費やして生きることではなく、

「片付けをすることで、自分の生活に課題がある事に気づく」

「片づけられるようになった後。どう生きるかを考える」が大切なのです。片付けとはあなたが「あなたにとって良い人生」を過ごすための手段です。

「欲しくないモノ」=「使わないモノ・自分にとって必要でないモノ」を積極的に減らしましょう。

モノは使える・使えないではなく、使う・使わないの基準で判断する事が大切です。まず部屋に使わないモノがあると、モノがおかれた空間が無駄になります。

また、余計な物があるとそれらに埋もれてモノが探しにくくなります。必要なモノがすぐに見つからないと「時間の無駄」にもなります。モノを探す時間は人生にとって無駄でしかありませんし、「大事な書類が、見つからない」「すぐに出かけたいのに車の鍵がみつからない」と、結果的に人生における様々なチャンスさえも逃してしまうのです。

■ルーティーン化で心身をリラックス
片付けられるようになると身体にも心にも余裕が出ます。無駄な物が無くなって部屋が綺麗になり、空間が増えます。そうなるとそこで暮らすあなたもリラックスできます。散らかった部屋では身体も十分に伸ばせないですし、モノが増えればホコリも増えます。なので健康に悪い影響を与えます。

また、モノが多くなると、その空間にある「情報」も多くなりすぎます。自宅やワークスペースにいるときくらいは、不要な情報を遮断するべきでしょう。ミニマルな空間にいた方が心身共にリラックスできるのです。

どんなやり方であっても片付けられるようにはなるべきです。そこで重要なのは片付けを習慣化させる事です。自身にとって負担や苦痛にならないレベルで、毎日1分でも片付けを続ける事が大切です。

■まずは帰宅した瞬間から

「片付けを習慣化させる」ためには「帰宅した後すぐの時間」を利用しましょう。帰宅してドアを閉めた瞬間にオンからオフに気持ちのスイッチも切り替わり、「片付けよう」というという意識もオフになりがちです。そこであえて帰宅後すぐの時間をオンのつもりで片付けに取り組むのです。そうやって毎日少しづつ続けていけば習慣化し、無意識のうちに出来るようになります。

 

Fudousan Plugin Ver.1.7.9