中古マンションの不動産売買なら

賃貸の方はこちらから
リノベーションNO.1 顧客満足度NO.1
  • 営業時間:9:30~19:00
  • 定休日:水曜日
0120-888-267

スタッフブログ

もっとお部屋が好きになる!おしゃれで居心地の良いお部屋になる家具選び術2018/05/27

快適なソファは生活を豊かにしてくれるもの。でもどんなに使い勝手が良くても見た目が好みでなければストレスになるし、どんなにおしゃれでもライフスタイルや用途に合わなければ邪魔になるだけです。購入してから後悔しないよう、ソファ選びのコツを覚えておきましょう。

①自分に合ったサイズや座面を見極める

ソファ選びにおいてまず行ってほしいのは自分の部屋でのシュミレーション。どこにおいて、どんな使い方をするためのソファなのかをしっかり考えて下さい。それがおしゃれかつ使い勝手の良いソファを見つける為の第一歩です。

 

★自分のお部屋でソファの大きさや高さをシュミレーションする

部屋の構造にあうソファのサイズをチェックする方法を御紹介します。ソファのサイズによって圧迫感が生活しづらくなったりすることがあるので、それを防ぐためにもぜひ行ってみて下さい。

1.ソファを置きたい場所に新聞紙や段ボールを広げて大きさを確認

2.その上にスツール等をおいてソファに座った時の目線の高さをシュミレーション

あわせて、歩行や掃除の邪魔にならないか、コンセントやスイッチの位置は問題ないか、搬入できるかなど細かくシュミレーションしておくとよいでしょう。

★自分の用途にあったソファの座面の高さを知る

ソファは座面のッ広さによって座り心地が大きく変化します。一般的に、座面が広いソファはあぐらや寝姿勢もとれるなど自由度が高い反面姿勢が保ちにくく、狭いソファは寝姿勢はとれないなど自由度は低い半面正しい姿勢を保ちやすいといわれています。また、座面が低いソファは安定感がある一方で立ち上がりにくく、座面が高いソファは安定感が少ない一方で立ち上がりやすいという特徴もあります。用途に合わせて座面の幅、奥行き、高さを選びましょう。

②構造と素材を確認する

お部屋でのシュミレーションが終わって、大まかなソファの形に目星がついたら、次は構造や素材を確認しましょう。衝撃吸収材や、ソファの背面・フレーム構造なども。座り心地や使いがってに関わってくるので必見です。

★座り心地や耐久性が大きく変化。まず確認したい衝撃吸収材

衝撃吸収材とは、座面のクッションの下にあるバネのこと。見えない部分ではありますが、座り心地や耐久性、価格や重量に大きな差があるため、購入前にじっくりと考慮した方が良さそうです。

★ソファの背面やフレームの構造、素材も必ずチェック!

ソファを選ぶ時、座面の座り心地を気にする人は多いけれど、背もたれや手すりなど細かい部分の確認は適当になりがちです。しかし意外と座り心地や見た目の印象を左右する大切な部分なのでしっかり確認するに越したことはありません。

 

③シーンに合うものを選ぶ

ここまでソファを選ぶときに見るポイントをお伝えしてきました。続いては、ソファを置く部屋ごとに、オススメのソファをお伝えします。

★リビングルームには「ゆったりくつろぐソファ」

日常的に使用するソファは心身ともに快適であるべきです。例えば小さなお子さんが居る場合は水・汚れ・ホコリにつよい素材を、ペットが居る場合は抜け毛・爪とぎ・ダニやノミに強い素材を選ぶとストレスが減らせそうです。デザイン・構造的にはごろ寝やあぐらなどどんな姿勢でもリラックスできるソファがおすすめです。

応接ルームや玄関ホールには「もてなすソファ」

人目につきやすい場所にあるソファは、あなたの美的センスや収入、性格までも垣間見る事が出来ます。高級品でなくとも手入れが行きとどいたソファやこだわりを感じるソファは良い印象を与えます。応接室や玄関ホールのソファは長い時間座り続けるものではないので深い座り心地は避けましょう。

 

 

Fudousan Plugin Ver.1.7.9