中古マンションの不動産売買なら

不動産業者様向け書類ダウンロード
リノベーションNO.1 顧客満足度NO.1
  • 営業時間:9:30~19:00
  • 定休日:水曜日
0120-888-267

スタッフブログ

梅雨のカビ対策!掃除以外でも気をつけたいポイント!2018/06/01

もうすぐ梅雨の季節ですね。毎日雨が降りジメジメとした湿気の多い日々が続きます。

梅雨の雨と湿度があれば、当然カビも多く発生してしまいます。

そこで今回は梅雨の時期のカビ対策方法を御紹介していきたいと思います。

■湿度

日本の梅雨時の湿度は非常に高い状態にあり、カビが発生する大きな要因の一つになっています。カビは特に湿度が70%以上になると活動が活発になり、猛烈な勢いで繁殖しはじめます。

室内の湿度を60%以下にすればカビの繁殖は抑えれると考えれますが、梅雨で湿度が高い状態の場合には、建物や室内もかなり湿気を帯びている事になります。

■温度

カビは湿度が高い状態だけでは活動出来ません。湿度の要素が加わることで活発に活動し始めます。

カビの活動温度は0度~50℃と範囲が広いのが特徴的です。

 

■栄養源

カビにとって一番の栄養源は人間が食べる食品です。

これをきちっと管理すればと思うかもしれませんが、繊維や木材、ホコリ等も可否にとっては重要な栄養源になっています。

 

ではこれらの要素を理解したうえでどのように対処していけばよいのでしょうか。

考えられる対処

①乾燥 ②低温 ③栄養源をたつ

この3つをきちんと対策できれば、カビの発生を抑制できる事になります。カビの発生するする場所の多くはお風呂場キッチンが集中的に繁殖する傾向があります。場所別に見ていきましょう。

 

■浴室

・残り湯は残さず流す

・換気扇を回す

・窓をあける

・お風呂場の水分をふき取る

浴室は湿度と温度が、カビの繁殖に最も適している状態に場所になります。とにかく水分を残さず、使用後に水分をきる等気をつけましょう。
※無印良品 スキージー

 

■キッチンのカビ対策

・換気扇を回す

・布巾はカビや細菌の温床になりやすいので、必ず漂泊をかけ、天日干しをする

・まな板に熱湯をかけ、出来れば天日干しをする

・週に一度はシンクは除菌する

お風呂場と同じく、カビの発生が多いのがキッチンです。どうしても水を使用する場所になるのでカビが発生しやすくなるのは仕方のない事ですが、毎日使う場所になるので出来るだけマメに掃除する事を心がけましょう。

 

 

カビの予防について御紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

カビは人間の健康を脅かすものにもなるため、出来る限り発生させたくないものです。日々の生活のちょっとした事を気を付けて健康を保ちましょう!!

 

 

 

Fudousan Plugin Ver.1.7.9