中古マンションの不動産売買なら

賃貸の方はこちらから
リノベーションNO.1 顧客満足度NO.1
  • 営業時間:9:30~19:00
  • 定休日:水曜日
0120-888-267

スタッフブログ

不動産の相続登記2018/06/23

こんにちは エース不動産の木原です。

世間はワールドカップで盛り上がっていますね!
時差の問題によりTV中継は深夜、、、
夜な夜なテレビに張り付いて寝不足または昼夜逆転という方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

私はサッカーのルールも分からないながら、たまたまついていた自宅のTVで少し中継を拝見したところ、、、

アイスランド代表のルリク・ギスラン選手がイケメンではありませんか!!!(中継見ながら必死で調べました)

ナイジェリア対アイスランド戦では、イケメン選手がいるという不純な動機により密かにアイスランドを応援している自分が居ました。(負けてしまいましたが)

こういった楽しみ方があるのですね!!!!がんばれニッポン!!!!

サッカーの話題はさておき、今回は不動産の相続登記について解説していこうと思います。

相続が発生すると、亡くなった方の名義になっているものは全て名義の変更を行うか、解約を行わなければなりません。

そのなかでも特に問題になりやすいのが『不動産の相続登記』です。
それでは、まず不動産の登記について簡単に解説いたします。

【不動産登記とは】
皆さんは「登記簿」というものをご覧になったことはありますか?

登記簿には不動産の所在地、面積などとともに所有権や抵当権といった権利関係の情報が記載されています。

この登記簿は手数料を支払えば誰でも閲覧することができ、情報を公にすることで不動産取引の安全を確保することを目的として作成されています。

不動産に関する権利については、登記簿に記載されてはじめて、第三者にその権利を主張することができます。

もし見ず知らずの人からある日突然、
「この建物は私のものなので出て行ってください」と言われたとしても、登記簿の所有権名義人がその住人になっていれば「いいえ、この建物の所有者は私ですので出て行きません」と主張することができます。

所有権に限らず、不動産に関する権利に変更などが生じた場合には直ちに新しい情報に変更する登記を行いましょう。

【相続登記とは】
亡くなった方が土地や建物の所有権の名義人になっている場合、その不動産を新たに取得(相続・遺贈)した方の名義に変更しなければなりません。

「所有権」という権利は、法律で定められている様々な権利のなかでも最も力が強い、極めて重要な権利です。

相続登記とは実質的には、その不動産の「所有権」を前の名義人(被相続人)から相続人に移転させることを意味します。

【相続登記の申請期限】
相続登記については「前の所有者が亡くなってから〇日以内にしなければならない」という決まりはありません。

極端な話、相続登記をしなくても、何ら罰則を受けることもありません。

ただし、不動産の登記には権利関係を公に示すという役割がありますので、いつまでも亡くなった方の名義のままにしておくと、さまざまな不都合が生じる可能性がでてきます。

以前のブログでは相続登記をしないと起こる危険性について記述させて頂きましたので、そちらも合わせて確認下さい!!

 

Fudousan Plugin Ver.1.7.9