中古マンションの不動産売買なら

賃貸の方はこちらから
リノベーションNO.1 顧客満足度NO.1
  • 営業時間:9:30~19:00
  • 定休日:水曜日
0120-888-267

スタッフブログ

相続の対象になる財産とは??2018/07/10

こんにちは 雨がやんだかと思えば暑い日々が続きますね!!


今回は相続の対象となる財産について紹介していきたいと思います。

これは相続税を計算するうえで分母となる重要な数字を決めるのに必要な知識です。



【財産の種類】
相続の対象となる相続財産は、大きく以下の3種類に分けることができます。

1.プラスの財産
2.マイナスの財産
3.非課税財産

それでは、それぞれの財産について詳しくみていきましょう。



【プラスの財産】
プラスの財産には、「本来の相続財産」と「みなし相続財産」「3年以内の贈与」の3種類があります。

「本来の相続財産」とは、もともと亡くなった方がもっていた財産のことで、故人名義の不動産や預貯金、株式がこれに含まれます。

「みなし相続財産」とは、亡くなったことを原因として貰うことができる財産のことで、生命保険金や死亡退職金がこれに含まれます。

「3年以内の贈与」は文字通り、亡くなった日から3年以内に行われた贈与については、相続税の課税対象になります。



【マイナスの財産】
被相続人が本来支払うべきであった借金や未払い代金のことを指します。

ただし、マイナスの財産として計上することができるのは、相続開始前までに確定していたものに限られます。

また、「葬式や通夜の費用」「火葬や納骨のための費用」「お寺などへのお礼」については、マイナスの財産として計上することができます。

なお、「香典返し」「法事のための費用」は計上できませんので、注意してください。



【非課税財産】
「墓地・霊廟・仏壇、仏具」は相続税の課税対象からは外れます。

また、生命保険金や死亡退職金のうち、「500万円 × 法定相続人の数」をそれぞれ控除することができます。



【つまり… 】
最終的な相続財産の金額は、「プラスの財産」-「マイナスの財産」で算出されます。

誤って非課税財産をプラスの財産やマイナスの財産に計上しないように注意してください。


Fudousan Plugin Ver.1.7.9