中古マンションの不動産売買なら

賃貸の方はこちらから
リノベーションNO.1 顧客満足度NO.1
  • 営業時間:9:30~19:00
  • 定休日:水曜日
0120-888-267

スタッフブログ

関西住みたい街ランキング!20182018/09/21

関西の住みたい街ランキングTOP5を御紹介したいと思います♪

1位 西宮北口
1位は「ニシキタ」の愛称で親しまれている「西宮北口」です。阪急神戸線と良松線の接続駅で、大阪の中心地・梅田駅と神戸の中心地・三宮駅のほぼ中間に位置しており、梅田へは13分、神戸三宮までは14分、宝塚へも14分と非常に交通の便が良いのが特徴です。
阪急西宮ガーデンズやTOHOシネマズ西宮OSなど、駅周辺には大型商業施設があり、暮らしやすい環境となっています。

2位 梅田
2位は大阪「梅田」です。多くの路線が集まる巨大ターミナルであると同時に、さまざまな百貨店や専門店が集積する商業の街でもあります。さらに、大型最新オフィスが立ち並ぶビジネス拠点としての顔、大阪の2大繁華街「キタ」に隣接するナイトスポットとしての顔ももつなど、多彩な魅力を備えている。
2013年に開業した「グランフロント大阪」は、新しい梅田のシンボルとして定着。2017年3月1日には、まちびらきから約3年10カ月で来場者が延べ2億人を突破し、関西圏を代表する複合施設として存在感を示している。

3位 神戸三宮
3位は「神戸三宮」。神戸市の中心地でもあり、JR神戸線、阪神本線&山陽本線、神戸市営地下鉄、ポートライナーの駅が集まる交通の要衝。神戸市の郊外部やポートアイランドの住宅地から三宮周辺のオフィスへ勤務する人も多く、職住近接の住宅エリアとして人気は根強い。
駅の海側には神戸市役所や旧居留地と呼ばれるオフィス街のほか、高級ブティックやホテル、美術館も点在。南西へ向かうと百貨店や南京町の中華街、元町のショッピングゾーン、メリケンパーク、「umie」といった商業&観光スポット施設も充実し、都市型のリゾート拠点として人気を集めている。
一方、山側は飲食店やさまざまな商業施設や文化施設、マンションなどが建ち並び、とても利便性の高い市街地を形成している。さらに足を延ばすと北野・異人館通りが広がり、オシャレなカフェやレストランが立ち並び、観光客にも人気が高い地域となっています。

4位 なんば
4位は「なんば」。地下鉄なんば駅は御堂筋線、四つ橋線、千日前線が接続するほか、南海電鉄の拠点なんば駅も隣接する。近隣の地下には近鉄線と阪神なんば線が相互直通運転を行う大阪難波駅、JR関西本線のJR難波駅も位置しており、大阪南部エリアの一大ターミナルでもある。
「なんば」周辺では外国人観光客が急増しており、大阪観光局によると2017年に大阪を訪れた外国人観光客数は約1111万人。2013年から5年連続で過去最高を更新し、約263万人だった2013年との比較では、約4.2倍の増加。その多くはなんば周辺を訪ねていると思われ、多くの人々が集う活気ある街として注目度も高まっている。
また、JR難波駅周辺エリアでは、駅が地下化され地上には公園やオフィスビル、ホテルなどが完成したほか、マンションも次々と誕生している。さらに少し北西へ行けば堀江のおしゃれなカフェエリアが点在しており、若者に根強い人気の地域となっている。

5位
5位は「千里中央」。「千里ニュータウン」の玄関口であり、北大阪急行電鉄南北線と大阪高速鉄道大阪モノレール線の駅及びその周辺を指す。
千里中央は北大阪急行の始発駅で、「新大阪」、「梅田」、「なんば」、「天王寺」と大阪の主要ターミナルを南北に縦貫する大動脈・地下鉄御堂筋線との直通運転も行っている。また、千里中央駅では北大阪急行延伸工事が進められており、「新箕面(仮称)」までが2020年に開業する予定だ。
駅周辺では再開発も活発で、タワーマンションや文化施設、オフィス、医療・福祉施設の整備も進み、数年前と比べて風景は大きく変わりつつあります。









































Fudousan Plugin Ver.1.7.9