中古マンションの不動産売買なら

賃貸の方はこちらから
リノベーションNO.1 顧客満足度NO.1
  • 営業時間:9:30~19:00
  • 定休日:水曜日
0120-888-267

スタッフブログ

長く住める家ってどんな家?2018/09/22

☝家族の成長を見越した変化に対応できる家
変化に対応できる家とは、家族の人数や暮らし方など、変わるニーズに合わせた住まい方が出来る家の事。たとえば将来二人の子供に固執を与える予定なら、間仕切りを想定して1つの部屋に扉と窓を2つ付けておく、高齢になった際に備えて玄関や廊下に手すりをつけておくなど。

1 変化ごとに対応できるよう5年ごとに暮らしを想定
子供が居る場合は小学校5年生くらいから独立まで5年ごとの変化を想像。
間仕切りは後付けと取り外しがしやすいよう構造に関わらない仕切り方に

2 老齢になっても快適にバリアフリーの想定を
都市を重ねて足腰が弱くなったときに段差があると思わぬ事故になる事も。
将来に備えて手すりをつけられるように下地を入れておくとよい

3 趣味や働き方を考えた設備や配線にする
将来の暮らしの希望から、必要な箇所に水回りや配線がなくて困らないように、メインの水回りや配線以外に必要な箇所はないか確認して準備を

☝高耐久・手入れがラクな素材と設備で「きれい」が続く家
耐久性やメンテナンス性の良い部材や設備を選ぶことでいつまでも綺麗が続く家を実現できる。
また、水回りは設備と素材を工夫。例えば汚れがつきにくいキッチン設備や水に強い床材を、壁はメラミン不燃化粧材にすると手入れがラクです。

1 見た目が変化しにくい素材を選ぶ
ステンレス、アルミ、人工大理石など人工的につくられた素材は変化しにくい。
また外壁では汚れを分解して雨水で洗い流す光触媒塗装という方法も

2 毎日使う所は汚れに強い素材を選ぶ
水回りは熱変化に強く、汚れが付きにくいメラニン樹脂素材を使ったカウンターや建具にしたり、壁面パネルにすると水や油汚れ掃除がしやすい

3 掃除がラクな設備を使用する
キッチンは油汚れを自動洗浄してくれるレンジフードや隙間が無く汚れが溜まりにくいシンクを。トイレはタンクレスや自動洗浄機能付きを選ぶ

☝自然素材の経年変化やDIYで愛着が生まれる家
長く住める家は、「愛着がうまれること」も一つの要素。愛着があるほど家にいる時間を楽しめ、心地よく暮らせる家になるからです。
ポイントは経年変化を楽しめる素材使い。
さらに、自身や家族で手をかけるDIYも愛着を生むアイディアだ。

1 経年の変化が出やすい自然素材を選ぶ
タモ材やアカマツなどのむく材は経年で味わい深くなる。含水率が14%以下だとそりかえりが少ないので施工会社に確認を。

2 自然素材は床に加えて壁、天井に使うのも
床と同様、壁や天井も空間におけ面積が広い為、素材感を感じやすい。特に主寝室の天井を天然素材にこだわると自然に視界に入るので経年変化をより実感

3 自分で手を加えれば愛着がさらに高まる
DIYを家族と一緒に行えば思い出が家に宿る。最近ではホームセンターなどでウッドデッキや外溝のDIY用商品が充実。手軽に始めやすくなっている。

Fudousan Plugin Ver.1.7.9