中古マンションの不動産売買なら

賃貸の方はこちらから
リノベーションNO.1 顧客満足度NO.1
  • 営業時間:9:30~19:00
  • 定休日:水曜日
0120-888-267

未分類

リビングが散らかる原因は?7つの理由と収納のコツ2018/09/29

どんなにリビングを片づけても、「いつの間にか散らかってしまう」ってこと、ありますよね?

リビングは家族が集まる住宅の中心。寝室やダイニングに比べて多種多様な使われ方をするリビングは、モノが自然と集まり、散らかる原因がいたる所に潜んでいます。

では、どのような収納の工夫が必要なのでしょうか?

リビングが散らかる7大原因と、その解決策(収納法)を詳しく解説します。

原因1
不用品が多くて収納できない

ご家庭に不要モノや使わないモノ押し込んでいませんか?
クローゼットの中がいっぱいだと、「取り出しにくい」「選びにくい」など本当に必要なモノが分からなくなってしまいます。
1年くらい使っていないものは、すぐに処分した方がいいです。
私も先日自分の荷物を断捨離しましたが、使っていないものばかりでした!!
いつか使うと思って保管していても、結局使わないから捨てる。という自身の決断により、ありとあらゆるものを捨てました。
しかし、本はなぜかなかなか捨てられませんでしたね!これもまた「いつか読む」と思ってしまうんですよね!(笑)

原因2
服をリビングで脱ぎ散らかしている
リビングが散らかる要因は脱ぎ散らかした洋服やカバン。衣類は、クローゼットのハンガーに掛け、きちんと収納すればちらかることはありません。

木が付けば「帰宅したらソファにバッグを置く」「上着がソファの上に散乱している」状態になっていませんか?
私は帰宅してすぐに部屋着に着替えますが、まず脱いだ服をかたずける。そして鞄を定位置に置く。を心掛けています。モノは定位置をきちんときめてあげることによって散らかるのを予防する事が出来ます。特に頻繁に使うものにはこの定位置管理で片付いた空間を目指しましょう!

原因3
リビングに説明書が溜まっている

重要な書類や家電の保証書は「万が一の時に必要かも」と考えて処分できずに溜めている人もいるのではないでしょうか。

実際はほとんど使う事がなく、不要な説明書・保証書でリビングの収納スペースを圧迫している可能性があります。不要な物は処分しましょう!

説明書関係は今ネットで確認できるものも多いです。商品の製品番号は商品に記載があるので商品名などで検索すれば出てきます。
また保証書は保証期間を確認しましょう。保証期間を過ぎた保証書は持っていても無意味です。捨てられるものはどんどんすてていきましょう。
また、100円ショップなどで売っているファイルに書類をファイリングし、すぐに度の書類がどこにあるのかテプラやラベルでラベリングしておくと使う時に探す手間が省けます。


原因4
リモコン類がリビングに散乱している。
リビングでよく使う小物と言えばテレビやエアコンのリモコン類が代表的ですよね。
リモコン類は使う頻度が少ない割によく行方不明になります。あれ不思議です(笑)
家族が共有して使うリモコン類は置く場所がきまっていないとリビングのあちこちに入ってしまい、散らかる原因を生みます。
このリモコンも定位置管理で居場所を決めて上げましょう!!

行方不明になりやすいリモコン類は小さいラックやスタンド型の収納ケースにまとめて上げましょう。

原因5
雑誌や漫画で散らかってみえる
通販カタログやファッション誌、漫画などは、「捨てるのが面倒」「また読むかも」と、処分に困る人も多いはず。

しかし、雑誌や漫画は期限を決めて処分しないと増え続けます。

特に、毎週のように発売される週刊誌・漫画はすぐにたまり、リビングの散らかる原因をつくります。
雑誌や漫画は見せる収納でお洒落に。
リビングでくつろぎながら読む雑誌や漫画は、「マガジンラック 」で収納するのがおすすめ。ディスプレイ型のマガジンラックなら、おしゃれに収納することも可能です。

ポイントは、あまり大きなマガジンラックを買わないで、ある程度コンパクトなサイズを選ぶこと。

「マガジンラックがいっぱいになったら捨てる」とルールを決めておけば、雑誌や漫画がたまることはありません。


ちょっとした心がけですっきりと快適なリビンが出来ます!!
皆さんも是非おためしください♪

Fudousan Plugin Ver.1.7.9