スタッフブログ

中古マンション!選ぶときのチェックポイントとは??

こんにちは エース不動産販売の木原です!!

 

今日は、リフォームを前提に中古マンションを購入する場合、「物件のどこを見ればいいのか分からない、、、」という人に向けて、自分で出来ることも含め、マンションのチェックポイントを紹介したいと思います(*^_^*)

 

☑マンション全体の状況はどうか

 

・耐震性は大丈夫?

1981年の基準(新耐震基準)で建てられているかどうかがポイントです。この基準は1981年6月の施工なので、工期を考慮して1983年半ば以降なら大丈夫なことが多いです。または耐震基準適合証明を取得していればOK!耐震診断適合証明があれば、ローン控除などの要件である築25年を超えていても減税対象となるのもメリットです。

 

・立地条件は?

マンションの場合は「近隣商業地域」「準工業地域」などの商業系、工業系の用途地域に建てられるケースも多いです。そのため騒音や異臭に悩まされる可能性もあります。用途地域は広告で分かりますが、実際に行って現地で判断することが大切!!

 

・共用部の管理状態は?

管理がいいかどうかは共用部に現れます。
伸び放題で手入れされていない植栽、駐輪場も乱雑に止められ、放置自転所が目立つようでは管理やコミュニティがあまりよいとは言えません。
逆に、丁寧に整えられた植栽や駐輪場、エントランスもきれいで、張り紙から住人への連絡の良さはうかがえるようなマンションは管理が良いです!

・修繕履歴・計画は?

マンションの耐久性はメンテナンスの有無が大きく影響します。10年か10数年ごとに大規模修繕を行うのが一般的。外壁や屋根の防水、鉄部の塗装などを行う事で美観をよみがえらせるとともに、躯体を長持ちさせます。これまでの修繕履歴と今後の修繕計画を確認しておきましょう!

 

 


最近はマンションの口コミサイトなんかもあって物件について、より詳しい情報を得ることが出来ます!!

しかし、事細かく確認しているとなかなか決まらない場合もあります。

まずは実際に自分の目で物件をみて感じたものを大切にしましょう!!