スタッフブログ

契約時の「重要事項説明書」ってどう読めば良いの??

こんにちは エース不動産販売の木原です♪

 

先日ブログで不動産略語解説をしましたが、その時に登場した重要事項説明書!!

今回はマンションを購入する場合にはどういったところに注意すればいいのか、ポイントを御紹介します!

 

チェックポイントは主に3つ

 

①物件に関すること

購入する物件の概要や土地・建物の権利関係などが表示されます。

ここで少し注意して見たいのが、課税の基準になる登記簿面積です。

登記簿上の面積は下の図のように広告上の面積より少し小さいです。



登記簿上の面積が50㎡未満だと各種税金の軽減が受けられない為、50㎡台の物件は確認しておきましょう!

 

②法規制に関することはどう読めばいい?

土地や建物には様々な法規制がかかっています。住宅や商業施設、工場などの建物の用途を制限する用途地域は周辺環境に影響するのでチェックが必要です。他にも建物の高さや大きさ、外観などに関する規制があるので、説明を聞いて疑問点は解決しておきましょう♪

 

③管理規約などのルールは何を確認すればいい??

マンションは土地や建物の一部が共有なので、独自のルールが定められています。たとえば、専有部分住居として使用することが求められ、事務所や宿泊施設としての利用は禁じられるのは一般的です。

また、専用庭やルーフバルコニーなどは共用部分を特定の住人が使用する形になるので、使用料が発生することも多いです!

 

しかし、上記に上げたチェックポイントだけ注意してればいいということではありません!!他にも説明を受けていて気になるところや分からないことが有れば積極的に聞きいてくださいね!!