スタッフブログ

マイホームを購入時に見直すべきポイント!寝室

こんにちは エース不動産販売の木原です♪

 

昨日終業式を終え、学生の方は今日から夏休みですね!!

私の弟は今中学二年生なんですが、終業式が終わった瞬間早速遊びに行っていました(^_^;)

一番だらける時期なので、せめて宿題だけでも早く終わらせてほしいです(笑)

 

さて!

皆さん!最近暑い日が続き、寝苦しいという方もおられるのではないのでしょうか。。。

「寝たいのに眠れない」「寝ても疲れが取れない」「朝起きるのがつらい」

など、お悩みはあるかと思います!そこで今日は、よく眠れる寝室の条件をご紹介したいと思います(^u^)

 

 

寝室の広さはどのくらいあるといいの?

家族構成に合わせてベッドのサイズと数を把握

寝室に必要な広さは家族構成で変化します。

夫婦の寝室の場合、7畳の広さがあればベッド2台を離しておくこともできます

子どもと3人で一緒に寝るなら、ベッドはクイーンサイズになり、8畳以上あれば十分です!

 

ベッドや家具はどう置くのがいいの?

両脇と足元にスペースがとれるとベター

・マットレスと壁の間に最低10センチの空間を確保

ベッドは壁につけて設置しがちですが、マットレスがカビやすく、睡眠中にかけ布団が片側にずり落ちてしまうことも!壁から少し離してつけることをオススメします。

 

・枕位置はエアコンから離すと○

エアコンの風が顔にあたると、気になったり身体が冷えて眠りが浅くなったりします。

なるべく枕の位置とエアコンは離れるように工夫しましょう!

 

シングにインテリアにオススメの色は?

ベージュなど、淡い色合いが安らかで深い眠りへと導く

寝室に向くのはリラックスできる色です。ベージュ、淡いグリーンやブルーを広い面に使うと心地よく眠れます。

逆に鮮やかな赤やオレンジ色は興奮色なので、取り入れるならアクセント程度にとどめておきましょう!

 

私の最近はまっている海外ドラマ『ゴシップガール』のブレアのお部屋も淡いブルーで統一されていて、まさに女子の憧れの寝室だと思います(>_<)♡

 

寝室にパソコンやテレビをおいてもいいの?

寝室は眠ることに特化した方がベターです!

電気機器は睡眠の妨げに!寝室はシンプルが一番です♪

電気機器の光は覚醒作用があります。癒し効果のある水槽も音やカビの点から、睡眠には逆効果。鏡も寝姿が映ると落ち着かないので、置く場合はカバーをするなど工夫をしましょう。

寝室は寝る為だけの部屋にすれば入眠がスムーズになり、睡眠の質も向上します!

 

以上、ご紹介してきましたがいかがでしたか(^^)??

私も寝ることが大好きなので、快適に眠れる工夫をもっとしていきたいなと思いました!

寝る前にスマホを触るのをやめたいです((+_+))